伝えたかった

「○ちゃんって、告白とか絶対しなさそう。
 思いを秘めてる感じ。」
中学生の姪にこう言われた。
私がどんな中学生だったかを
想像してのコメント。大正解!

バカみたいだけど、
私には自慢できることがある。

中学の三年間ずっと好きだった男の子がいる。

卒業の直前、席が隣で嬉しかったなあ。
しかし、三年間で会話したこともない。
ものすごくモテてた。
かっこよかった。

目が合って、しばらく見つめあったこと、とか
一度だけ私のバドミントンのラケットを持って、
頭をポンポン叩いていたこと、とか
CDを友達に借りに行くと、
近くに来て見ようとしていること、とか
一方的な、私の幸せな記憶。

自慢にもならないか。

この男の子が、ずーっとずーっと
忘れた頃に私の夢に出続ける。
卒業してから、
会ったこともないのに。

夢の中でもあの頃と変わらなくて、
会話もしない。何か進展するわけでもない。

それが!
今朝方、夢の中で告白してた。
どんな状況かも忘れたけど、
「おはよう」と友達に言うような感覚で、
『あ、言っとかなくちゃ』と思って、
「好きです」って言った。
その子は顔をあげて『あ?』って顔してて、

目が覚めた。


銀色夏生さんの
『ひとりが好きなあなたへ』という
表紙が美しい本があって、
その本に出てきたコトバ。

「伝えないと始まらない
 伝えないと終わらない」

告白したのは、
この本を読んだからだ、間違いなく。

もうこれで夢に出てこないのかな。
それはそれで、ちょっとさみしいなあ。

まあ、夢だけど伝えられて良かった。

広告を非表示にする

大嫌いだったのになあ

友達にどんな仕事してるの?
って聞かれるのがめんどくさかった。
答えにくいから。というよりも、
自分の理想とかけ離れた地味な仕事に思えて、
答えたくなかった。

でも一緒に働いていたあの先輩は、
誇りを持っていた。この仕事はいいよ、って。

私の2つ上の先輩。
仕事の量が多くて、一段落すると、
必ず声をかけてくれる。

「○ちゃん、疲れたやろ。」
私はこの言葉を聞くと、ほっとした。

「○ちゃん、疲れたから、
 カレー食べに行こうか。」
会社の近くにあったインドカレーのお店。
先輩は豆のカレーとかほうれん草のカレー
を食べていた気がする。
「やっぱりカレー食べると元気が出るね。」
私たちは疲れるとカレーを食べに行った。
とてもおいしくて、元気が出た。

「○ちゃん、お誕生日おめでとう。」
先輩は必ず、誕生日プレゼントをくれた。
確か最後にもらったのは白いかわいい手袋。

私は何をあげたんだろう。
思い出せない。

先輩が退職するとき「私の部屋」で買った
小鉢のセットをあげたことは覚えている。
重かった。
あれは配送するものだと今は思う。
先輩は喜んでくれた。

背が高くてモデルみたいにきれいな人で、
「努力しない人は嫌い。」
「信じられるのは自分だけ。」
とか言う。

素直な人だった。
私にありのままを話してくれた。
失恋についても。
出会えない苦しみも。
努力していた。

努力は報われ、
理想的な恋愛に至った。

それはいつしか私を嫉妬させた。
私が失恋をしたと話したとき、
先輩は今の彼がどんなにいい人か、
どこに行く予定か、を話してきた。
泣きそうになって、
お弁当の白いご飯を丸のみした。

先輩が退職して、
「入籍しました」メールが来て、
「おめでとうございます!」って送った。
何だったかな「遊びに来ない?」だったかな。
返事するのをやめた。
遊びに行った人が言うには、
モデルルームみたいにきれいだったって。
「○ちゃんは元気?」って言ってたよ。

あれから何年だ。
嫉妬から来る大嫌いは、
年月が過ぎると大嫌いではなくなることが
分かった。
今なら思う。
先輩と働けて良かった、って。
とても素敵な女性だった。

ずっと書きたかった先輩のこと。
大嫌いだったのになあ。

『詩集 すみわたる夜空のような』銀色夏生

やっぱり好きだ。
銀色夏生(ぎんいろなつを)さんのこの詩集。

104ページの「行く道」。
久しぶりに読んでも、
いいなあと思う気持ちは変わらなくて、
ほっとした。

疲れきったOL時代の心に響いたように、
そっと力をくれる。
自分が好きなものは、
自分だからこそ好きなもので、
好きということは、
すごいんだよね!
いろいろな原動力になるし。

詩の最後の
「好きなものは刻々変わる
 とるべき道も刻々変わる」に
若い時は寂しさというか、そうなのか、
ってよく分からなかったけど、

今はたぶん分かる。

味わい深い詩集。
再び買って、本当に良かった。
f:id:morina35:20170818080938j:plain

35歳、あの詩集がどうしても読みたい

5年前、もう要らないと思って
手放した詩集がある。
確か、25歳の時に買った。

とても心に残る詩のページがあって、
ちょこちょこ思い出す。
「今好きなもの」について書かれた詩。

手放しても、
私の心にしっかりあるから、
それでいいや、
とも思ったんだけど。

どうしてもまた読みたい気持ちがムクムク。
図書館になくて、
本屋になくて、

こうなったらもう買うしかない。
昨日注文した。
早朝に発送メールが来ていた!

今日届くんだろうか。
ワクワクする。

もしかして今が一番楽しい時間だったりして。

眠れない夜

眠れん。

この夏、娘が卒乳。
それで、お酒を三年ぶりに飲む。
やっとやっとで嬉しい。
(卒乳したての頃はさみしいなんて
 思ってたのに。時というものは!)

ほろ酔い気分が楽しくて、
シュポッて、昨晩も飲んだ。
おいしかった。

しかし、お酒を飲んで、
眠いはずなのに、
寝つきが悪いし、
夜中に目が覚めて、
ネットサーフィンをして、
朝を迎えてしまった。
ひと缶だけなのに、アルコールが
体を巡ってる感じがする。

おいしいお酒だったけど、
こうなるとちょいと、めんどくさいね。

お酒もほどほどにしよー。

という自戒をこめて、書く!

ぬるくなったアイスコーヒー。
どうか気合いを入れとくれ!
やること書き出そ。

広告を非表示にする

やっぱり書ーこう!

50日ぶりのブログ。言い訳無用だな(^^ゞ
私、今回でブログ開設三回目。
買いちゃ、やーめた!してたけど、
今回は続けてみよう。

と思ったのも、
日めくりカレンダーのコトバを見て。

8月4日のコトバが
「言葉は心の使い」で、
ホントそうです。ってグッときた。
8月5日のコトバが
「継続は力なり」で、
見たら、単純に、
ブログまた書きたい、って思った。
f:id:morina35:20170806053447j:plain

自分の中にあるものを
表したいんだ。
たまってるこの感情、気持ちを。


たまたま読んでくれた方がいたのなら、
ありがとうございます。

再始動の朝。
コーヒーがうまいっ!

失敗の翌日と具体的な話

すごくかっこ悪い。

いい年した大人が、

ちょっとしたことができなくて、

気が利かなくて、

って、これ私のことで。

情けない…と、落ち込んで、

疲れて寝た翌日。

 

息子と幼稚園バスを待つ。

この前取り除いたばかりの蜘蛛の巣が、

見事なレースを作っている。

小さな虫がたくさんひっかかって、

蜘蛛にとっちゃ最高の朝食なんだろうなあ…

と思いながら、再び取り除く。

うちの小さな小さな庭の、小さな住人。

まあ、また明日も蜘蛛の巣できてたら、

少しそのままにしてあげよう。

 

バスを待つ間の陽の光。

暑い。けれど温かくて。

ちょっと元気が出る。

 

「失敗してもいいんだよ」という言葉を

お世話になっている方から聞いてから、

ずっと心にあるんだけど、

失敗は…やっぱり落ち込むなあ。

 

かっこつけたい自分がいて

でもかっこつかなくて

なんて考えていたら

バスが来た。いつもの風景。

 

「あれ、帽子は?」と先生。

あちゃー、息子の幼稚園の帽子、

忘れてしまったー。

ぼっけっとしてるからだ。

息子の困った顔がバスの窓から見える。

ダメかあちゃん。

おやつ用意しとくからね!

 

相田みつをさんの

「具体的に動いてごらん」という

詩のフレーズを思い出して、

どんな詩だったっけ、って検索したら、

「具体的」が入った詩がたくさんあってびっくりした。

今の私にぴったりな詩はこれだな。

「アノネ

がんばんなくてもいいからさ

具体的に動くことだね みつを」

 

昨日はうまくいかなかったけれど、

ちゃんと話を聞いてくれる人もいたし、

拍手してくれた人も、

そういえばちゃんといたな。

ありがたいな。

 

うずくまってしまいたいけど、

今日も「具体的に」ひとつひとつ

やっていきますとも!