Tiramisu郵便

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

会いたかったなあ

行きたい、行きたい、

そう思うお店が、心に時々あらわれる。

そう思い続け、今日やっと行ってきた。

行くのは確か三回目。

 

おいしい家庭料理のお店。

一番の目的は、接客してくれる

おばちゃんに会いに。

 

電車で、会えるかな、何話そうかな、

そう考えてたら、ちょっと涙が出てきた。

あー、おばちゃんに会ったら私泣くなあ、

泣きながら食べることになるなあ、って。

 

娘は慣らしの一時保育で、貴重な一人時間。

 

・・・

 

お店について、ドアをあけた。

 

「いらっしゃいませ」

 

...あれ、いない。

おばちゃんより二十は若い女性がいた。

つまり、私と同じくらいか。

お店の奥にいるかな、って思ったけど、

あの声が聞こえないわけがない。

よくしゃべって、話しかけてくるあの声。

 

いないな。

 

とりあえず、やまかけ丼を頼んだ。

山芋のする音がする。

 

お料理はおいしいのだけれど、

足りない。涙はひっこんだ。

 

「暑いでしょ。

 クーラーの効きが悪くて」

 

不親切な人ではないし、

感じがいいくらいの店員さん。

 

でも、私は、

やっぱりおばちゃんに会いたかった。

 

あのニヤリとしたちょっと悪そうな

微笑みで、がんばんなさいよ、

って多分励まされたかったんだなあ。

 

おばちゃん、辞めてしまったのだろうか。

聞こうかな、と思ったけれど、

そそくさと食べて、

聞けずにお金を払った。

 

奥から、いつも料理を作ってくれる

おばちゃんが「ありがとうございました」

と声をかけてくれた。ほっ。

 

でも、懲りずに、また行くよ私は。

今度はかき氷をこどもたちと食べよう。

 

あのおばちゃん辞めてないでしょ。

へへって笑って、頭に眼鏡乗せてる

あのおばちゃん。

 

どうかまだ、いてくれますように。

 

☆☆☆

 

やっぱり、行きたいと思ったときに

行かないとなんだよなあ。

 

 

今を生きるということは、

後回しにできるだけしないことだ。

 

 

と随分前にメモしているのを昨日見て、

なかなか良い言葉だと、

自分で書いて自分で思うのでありました。

朝顔と笑顔

テンション上がりませんわ。

 

って日がある。人間だからどうしたって。

そんな朝に窓を開けたら、咲いてるんだよ。わー!って言っちゃうよね。
f:id:morina35:20180717092153j:image

ありがとう、って思ったよ。

 

そして、テンション低く会社に行ったときに、挨拶してくれた子のことを思い出したよ。何年前かも分からないほど、昔のことだけど。何個下の子だったかな。休み明けで、はあ~、って思いながら歩いていた時に、後ろから「おはようございます」って笑顔で。そんな子がいるんだよね。私の大好きな後輩も、笑顔賞だったか何だか社内の表彰制度でもらっていたけど、あれってなかなかの賞だと思う。みんなに力をそっとくれていたんだよ。そうゆう人がいるんだよねえ。ありがたいよ。まさに有り難い!

 

目の前にいるこの娘も、よく笑うなあ。笑うし泣くし。きみの顔をたくさん見るさ。目を合わせてさ、いっぱい笑おうね。お母さんはさ、頭の中がいっぱいになると、ぼーっとしちゃうんだよ。怒ってなんかないんだよ。「なに、おこってるの?」って聞いてくるけどさ。あんまりあなたに言いたくないけど「ごめんね」って言わせて。

 

テンション上がらないけど、用事はたくさんあるね。自転車に乗って、いざ出陣!娘たくさん「こんちはー」言っとくれ。多分その一言で、歩く人たちは元気が出るから。そして、私も元気もらってる。

 

何があったわけでもありませんが、

そんな日があるんだよねえ。

 

この子、双子だね。水色っていいね。


f:id:morina35:20180717093227j:image


f:id:morina35:20180717093257j:image

あ、色白の後輩に似てる!

 

ヒリヒリと家族

保育ステーションまで自転車をこぐ。

一時保育をしてくれる場所。

線路沿いをひたすら走った昨日。

 

日焼け止めも塗らなくて、

今、腕と首がヒリヒリする。

 

・・・

 

昨日はヒリヒリした日だった。

 

信頼してる人がいる。

信頼というのかなあ。

気になる人。

私がどう思われているのか、気になる人。

その人は、決して甘えさせはしない、

というのでしょうか。そう簡単に、

私が欲しい言葉は言わない。

自分で立て、ということかもしれない。

 

例えば、良かったよ、とは言わない。

...思うことあるなら、一言くらい

言ってくれたらいいのに!

うーん、つまりは、気になるなら

待たないで、聞けばいいのか。。

 

これからやろうとしていること

を話したら、怪訝な顔をした。

私はそれを見て、

ごまかすように笑った。

 

いちいち私気にし過ぎる。

私の芯や意志が問われるなあ。

 

私の人生、私が決めるし。

決めたことだし。

 

帰りの電車で、

家族のことを考えて、元気が出た。

 

この前のことを思い出した。

 

・・・

 

息子が一番大切なものを夫に聞いていて、

息子は「お金?」など聞いていた。

夫は「子ども」と答えるのかな、

と思ったら、

 

「家族」

 

だって。あー、私含まれてた!!

 

それだけなんですけどね。

 

(↓娘、根っこを見せる

 根っこは大事だねえ!)


f:id:morina35:20180716065357j:image

ピンポンおばちゃん

もおーーーっ!!!って時がある。

状況は人それぞれだったとしても、

あると思う。午前中、私はそうでして。

噴火しました。

 

・・・

ちょっとおさまったその時。

 

ピンポーン

 

インターホンを覗く。おばちゃんだ。

バラの花をくれたおばちゃん。

  

「カブトムシかえったからさ(成虫)、

 いつでもおいで。サボテンの花

 咲いてるの。暑いわね。お祭りには

 行くの?行かない?なら、夕方にでも

 おいで。いつでもおいで。」

 

おばちゃん。

 

おばちゃんと呼ぶのはイヤだなと

思って、下の名前を聞いた。

これからは、おばちゃんなんて言わない。

その教えてもらったお名前で呼ぼう。

 

「じゃ、また」

 

おばちゃんは自転車に乗って、

帰って行った。

暑い中よく来てくれたなあ。

 

ほんの少し支え合っている気がする。

...おばちゃんこの前、泣いていたもの。

私は話を聞いてただけ。

...私、おばちゃん支えられるかなって、

ちょっと不安に思って、

おばちゃんの前の道、あんまり

通ってなかったんだ。ごめんね。

でも、それも私にとっては必要な時間で。

今日会えたら、またおしゃべりしたいな、

って思えた。

 

人は人に助けられて、

励まされて、生きているなあ。

 

・・・

 

おばちゃんのピンポンで自分を取り戻す。

なんであんなに噴火したんだろ。

馬鹿みたいだ、と思えてくる。

 

おばちゃんありがとう。

またお話しましょ! 


f:id:morina35:20180714165837j:image

風鈴の音を聴く。いい音だなあ。

 

***

 

本はいいなあ。

 やはりちょーっと弱った時に、

とてもいい距離感で力をくれる気がする。

 

携帯で、ニュースを見る。

気になるタイトルを見て、つい読む。

さらにその先に気になるタイトルがあって、

つい読む。気をつけないでいると、

それはどんどん続いていく。

そして、ふと思う。

私この情報知りたかったんだっけ?と。

少しニュースを見るつもりだったのに。

 

でも、本を読むということは、

ページを読み進めるということは、

すべて私が決められると思う。

意志がないと読めない。

 

例えば、ある問題について知りたい、

と思って、そのことについて書かれた本を

読むとする。その時点でその本を読む!

という心構えができているから、

不意に打ちのめされることがない。

 

ネットは、SNSは、不意に様々なことを

投げかけてくる。自分が無防備だから、

打ちのめされたような気分になったり、

情報が多すぎると感じたりする。

「まあ、」そう思ったり、

思わなかったり、コンディション次第

なんだけれど。

 

思うのは、とにかく心を耕したい。

やっぱりさ、強くなりたい。

 

***

 

そういえば後輩に言われたな。

「まあ、」が私は多いと。

そう言われてから、

言わないように気をつけているけれど、

今日はあえて使ってみたのでした。

 
f:id:morina35:20180713061234j:image

広告を非表示にする

無知

我が家のテレビが壊れ、テレビ無し生活1ヶ月。無い生活が想像できなかったが、無くて困るなあ、と思うことはない。快適だ。

と思っていた。

 

・・・

 

子どもの頃、好きなアニメ番組を見て、その後、確かアジアのある町が紹介されていた。波が高くて有名な町なのか、撮影した時期、波が高いのか、分からなかったけれど。町の人たちが波を見つめていた。少しふざけていたのか、自転車に乗った男の人が波に近づいていった。その人はのまれてしまった。無事だったのか、どうだったのか、私には分からなかった。映像を見て、こわくて泣いた。あれからもう30年近く経っているというのに、あの映像とあの時味わったこわさはいまだに残っている。どうして、アニメ番組の後にあの映像を流したのか。

 

・・・


f:id:morina35:20180710191257j:image
 

今、テレビが無いことで、情報に疎いと思う。恥ずかしながら、新聞を取ってないし。疎い自分は、いけなかったと反省している。だって私は書いて何かを伝えていきたい、それを職業としたい、と思っている人だから。

聞こえてくるニュースはFMから流れてくるほんの少しのニュース。夫が豪雨による被害のひどさをつぶやき『え、そうだったの』と思ったりしていた。夫は子どもの年齢を聞くと胸がいたむ、と言う。あまり言う人ではないのだけど、時々言う。

 

・・・

 

昨日たまたまSNSを見ていて、好きな文房具屋さんが、被害にあわれている方に向けて自分ができることのメッセージを書かれていた。

奈良の長谷寺の投稿は胸にささった。

 

・・・

 

知らないでいることは、おそろしい。

 

こうゆうときこそ、書く意味を考えよう。

 

マイペースな投稿をしてしまった後に思う。

心にそのことを意識しているかどうか、

それは表れてしまうのですね。

 

明日の朝、新聞を買いに行こうと思う。

マドレーヌ

恩師に会いに。第3話(なんちゃって)。

 

恩師に会ったら、あれもこれも話すはずだった。「先生」と声をかけたら、恩師は私の目を見て、両手で私の手を握りしめた。というよりも包んでくれた。先生の手はあったかくて、なんてやわらかいのでしょう。

 

あれもこれも話せなくなった。見つめ合って、笑って、いろんなことを思い出して、しばらく手を握っていた。まあ、また私はうるうるするのですが。とにかくそれで十分だった。

先生のゼミで心から良かったと思った。

 


f:id:morina35:20180709113723j:image

 

ちょっといっぱいいっぱいだ、と思っていて。ちょっと参っていた。睡眠不足のせいも大いにあります。たくさんの仕事を心をこめてやっている方を見るけれど、あんな風になるには一体どうすればいいのだろう!時間管理やらスケジュール管理やら、その頭の中を見せて頂きたい。比べる話ではないか。私は今私がやること、できることを具体的に一つ一つやっていくわけですな!

 

で、今、先生がお土産にくれた「マドレーヌ」を食べた。娘と分け合って。

 

これがさ、なんてやさしいんでしょ。

もう先生!またもや力を頂いてしまった。

ぷしゅ~、って感じです。

 

・・・

 

息子が帰ってきたら、ご近所の知り合いを訪ねよう。私にバラの花をくれて、娘にアイスをくれたおばちゃんのところへ。お茶と和菓子を持って行こう。しばらく会っていなかったから、お元気にしてるかな。ブラックベリーの女性にもご挨拶して行こう。そう思うと、とても元気が出てくる!会えるかなあ。

 

人は人に励まされるなあ。

 

今日は早く寝よー。