エイエイオー!

気になっていたことがあった。おかしいなあと思うことがあった。我慢していた。ずっと頭を悩ませていた。どうしようか、どうするべきか、と悩んでいたら、それはフツフツしていたんだね。ついにバーンと噴火してしまった。感情はためこんじゃいけないね。ためこむと、こんなことになってしまうのだから。

噴火したんだけど、全然相手に伝えられなかった。悔しい。言い返せない自分。気弱な自分。自分の問題ならまだいいけれど、…子ども同士のトラブル。それに輪をかけて親同士の相当気まずい関係。亀裂が入ってしまった。

 

ただあの人に言いたい。子どもは悪いと思えば、自ら謝ることができると思う。それができる二人だと思う。親が入って謝らせる、私はそんなパフォーマンスはなくていいと思っている。謝るタイミング、謝りを受け入れるタイミングは子ども同士に任せたらいいのに。いろんなことが積み重なった上での子どものトラブル。たった今のこのタイミングだけを切り取って、悪い悪くない、ってなんなんだろな。

親がすることは、なんで子どもがそうゆう行動を取り続けているのか、そこを考えるべきだと思う。子どものおかしな行動は、SOSのメッセージだ。だから、親がするべきことは、自分の子どもをぎゅーっとたくさん抱きしめてあげることなんだろうな。大好きなひとに優しくされれば、きっと意地悪してやろうなんて思わなくなるはずだ。

 

心の中が悔しさと怒りと情けなさであふれてしまった。いいことばかり書きたいけれど、生きるって、いいことばかりじゃない。でも、いいことよりも、自分のスイッチをちゃんと入れてくれたりする。どれだけバネにできるか。

へこへこ謝りグセのある自分が、今日は、愛想笑いもできなかった。もう少し人付き合いうまくやれる方法もあるんだろうけど、へこへこしなかった自分はなかなかいいと思う。ほんと良かった。

 

☆子どもをぎゅーっと抱きしめたくなる絵本でした☆f:id:morina35:20170516054735j:plain

広告を非表示にする