Tiramisu郵便

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

茨木のり子様

誰からの称賛を得たいのか

さみしいのか

この小さな画面に向かって

ただひたすらに

私を必要としている人がいるのか

何度も確かめる

・・・・・・・・・・・・・・・・・
やることもやらず、
こんなどうしようもない
心境の時があります。

そんな時はさっさと寝なさい!
と言うでしょうか。

「自分の感受性くらい
 自分で守れ
 ばかものよ」*

スカッとします。
時々思い出して、
活を入れさせてもらっています。

茨木のり子さん、
もう一度、
心に焼きつけて読んだら、
やることやります。


*「自分の感受性くらい」茨木のり子 より

広告を非表示にする