Tiramisu郵便

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

「誰にも話したことないんだけどさ、」

と言って、友だちが夢を教えてくれた。

私もちょっと前にその友だちに話して

いて、お互いに打ち明たことになる。

子どもを通して知りあった、友だち。

だから、ママ友になるのかな。

 

子どもの成長が遅い、早い、とか、

新米ママ友の話題の中心はコレ

(だった)。子どもが小さい時期は

そこばかり目が行く。それは仕方

ないのかもしれないけど、ほんの

ちょっとの一時期の違いでしかない。

比べる必要なんてない。

○○さんすごーい、

どこどこに行ってきた、とかとか。

表面をかすってかすって、

次の話題を探す。

終えた時の疲労感、もうこれやめた、

と今年になってやっと思えた。

 

ママ友という言葉のイメージ、

ちょっと面倒というか、少しムリ

して付き合っているような感じが、

言葉を聞いただけでする。

だから使いたくない。

友だちは友だちだし。

日本人はカテゴリー分けが好き、と

ある外国の方が言っていた、

ほんとそうだな、と思う。

 

友だちっていうのは、一緒にいても

疲れないひとのはず。

ふと思い出して、

あの人元気かな、会いたいな、

と思うひと。

 

 

友だちが夢を打ち明けてくれて、

すごく嬉しかった。信じてくれないと

言ってくれないものね。きっと叶える

んだろうなあ。頑張るんだろう。

そう思うと、私も力がわいてくる。

夢っていい!

 

学生の時、親友が言っていた言葉。

「自分の人生には責任があるんだよ」

ことあるごとに思い出す。

 

付き合っていくひとは、選べる!

f:id:morina35:20171101012305j:plain

パソコンだと「ドーン感」が半端ない

ですね。。写真大きい。勉強します。