Tiramisu郵便

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

一番簡単な自信をつける方法

多分、見つけた。

スイッチがやっと入りました。

自信をつけるために、何をすればいいのか。

 

今日の理事会、7分遅刻。。

娘を乗せた自転車こぎながら、

心の中はこんな感じ。

『まただ。ああー、急がなきゃ。

 いつもこうなるんだよなあ。』

 

会社員時代、遅刻はしなかったものの、

いつもギリギリ。ヒールをカンカン鳴らして

駅まで猛ダッシュ。着いたらまたダッシュ。

先輩、後輩と「ヤバイ遅刻する」と激走。

まるでマラソン大会か、と走りながら

ヘラヘラ笑った記憶があります。

 

友だちと待ち合わせても、5分以上遅刻

なんて当たり前で。学生の頃、親友に

あきれられて、誕生日プレゼントに

ペン立てにさせる時計をもらったことが

あります。(ごめんね、ほーちゃん。)

 

時間にルーズな自分。

 

私はずっと、自信をつけたい、と思って

いました。なんだかいろいろ自信がない。

 

でも自信をつける基礎中の基礎って、

ここなんじゃないか、って昨日思いました。

 

 

とにかく約束した時間を守る!

 

それ以前に、

自分がやると言ったことは必ずやる!

つまり、

自分の言動に責任を持つ、ということ。

 

「私は時間だけは守れる、それが強み」

と言っているママの話しを友達から聞いて、

すごいなあ、と思っていて。

図書館でタイトルに惹かれて借りた

内田玲子さんという方が書かれた本

『幸せにたどりつくための心の法則21』。

法則1が「言ったことは守る」で。

 

このことも、頭にずっとあって、

今日の遅刻でそうか、そうか!と。

自信をつける基礎はここかと。

 

「自信」を国語辞典で引くと

「自分の価値や能力を信じる気持ち。」

と書いてある。自分のことを自分で

信じられるように、ばかにしたり、

どうせなんて思わないように。

自分のことも大事にする。

自分が決めたこと=自分との約束は守る。

そうすることで自信がついて

いくんだろうな。やっと気づけた。

 

スイッチが入れば一番簡単なはずだ。 

 

私は自信をもって、36歳に突入したい。