Tiramisu郵便

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

家の灯り

息子が熱を出した。

 

朝、やたら怒っていた。

赤ちゃんの頃から大好きなピンクの

毛布(ふわふわ ※息子命名)を寝室から、

ずりずり引っ張って、くるまっている。

 

時間がたつにつれ、口数が減り、

顔が赤くなってきて、目がうつろ。

熱を計ったら、38度6分あった。

 

食欲もなくて、布団で「はぁー」

と言いながら目を開けたり閉じたり。

とても大人しくしている。

 

娘も疲れたのか、いつの間にか

寝てしまって、

 

夕食は夫と二人で食べた。

 

なんだか、さみしい。

 

家の灯りが暗くなった気がした。

家族の誰かが具合が悪いと、

ぜったい灯りが暗くなる。

誰か明るさ調整してるでしょ。

 

「おかあさん、ぼくの餃子ある?

 なんこある?明日たべたい。」

 

さっき、息子が聞いてきて、

灯りがちょっと明るくなった。

 

広告を非表示にする