Tiramisu郵便

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

「感情」という生き物

母が子をおもう、やさしい文章を読んだ。

その後、私はこどもを抱きしめたくなった。

やさしくなった。

 

「もう!うるさいなあ!おまえは!」

おしゃべりに夢中になったママたち。

友達がこどもに言い放った。

その後、私はこどもにきつくなった。

「もう!なにしてるの!」

 

私は、感化されやすい。

されすぎる。

なんでこんなに?と思った。

 

「感情」ほど、

人に伝わるものはないのだろう。

感情は「共感」してほしい生き物なんだ。

ひとりではさみしくて。

誰かと分かち合いたい生き物なんだ。

だから、手を伸ばしてくる。

その感情を手のひらいっぱいにのせて。

思わず迷わず、受け取ってしまう。

だから、私は感化されるんだ。

 

 

これから、思いやりあふれる人が

主催する講座に参加してくる。

その人はやさしい文章を書いている人。

 

きっと私は、幸せに包まれて、帰ってくる。

 

昨日がそうであったように。