Tiramisu郵便

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

おっと

もう三年くらい前の話しだけど、

公園の砂場できれいなお母さんに会った。

引っ越してきたばかりだそうで、

きれいなのに、とても気さくだった。※

※私のとんでもない偏見。

 

そのお母さんが子どもにこう言った。

「パパのこと好きだよね、○ちゃんは」

「うん大好き」と子ども。

「ママもパパのこと大好きー」とお母さん。

 

私は、すごいなあ、と思った。

パパのことが好きだと、

さらっと言えることが。

 

○◎○◎

 

子どもの具合が悪いとき、夫の帰りが

早いと、とても嬉しい(いつだって、

帰りが早い方が私はいい)。

 

こうゆう時に思う。

 

苦しみや悲しみは半分に分け合える、

ということを。不安が減る。

そんな人がいるということは

素晴らしいなあ、と思う。

 

○◎○◎

 

この前、家族で初めてカラオケに行った。

夫の声が高いということを初めて知った。

選曲が意外に良くて、

思わず涙ぐんでしまった。

 

福山雅治の「Squall」、

よく知らなかったけど、いい曲なんだね。

 

ここのところ、頭にずっと流れている。

 

そして、美川憲一の「さそり座の女

を熱唱していた。そうそう、結婚前

にも歌っていた。笑った。上手い!

 

私にとっては、

穏やかな海みたいな人だと思う。

海の近くで生まれ育った人。

海を見ると落ち着くそうだ。

 

結婚して良かったなあ、と

穏やかな海みたいな感じで思う。

 

家族のために、もう少し料理がんばろう。

やっぱり、食生活大事なんだよなあ。