おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

贈り物

 

最高だった。大成功。

 

☆☆☆

 

私は、とある幼稚園の年長児の役員を

やっている。もうすぐ終わる。

年長の役員は決まるのに時間がかかる。

みんなやりたくない。

世の中の流れとして、役員制は減り、

係制の幼稚園が増えている、と私は思う。

役員は大変だから。

 

★★★

 

「役員、やってみない?」

声をかけてくれた友達。あの友達。

下の子もいるし悩んだ。

でも、彼女がいるならできるかもしれない、

と思った。やってみよう、と決めた。

そう心に決めたのは、ちょうど一年前。

 

あの頃の自分には見えなかった景色が

今、広がっている。

 

☆★★

 

役員決めの日、

ドキドキしながら手を挙げた。

幼稚園のママたちを見るだけで、

固まって話しているのを見るだけで、

圧倒された。頭がガンガン痛くなった。

正直、目を合わせるのも怖いくらい。

笑っちゃうほど、気弱な私。

 

そんな春から、スタートして、

知っている顔がどんどん増えて、

夏を過ごし、秋を過ごし、冬を過ごした。

しょっぱな、ヘマをして、落ち込んだ。

子どもの笑顔に助けられ、笑いながら、

泣きながら、グチをこぼしながら、

凸凹道を通って、いつの間にか、

ホッとする場になった。

 

最後の最後は、本当にきつかった。

...いばらの道だった。

 

きつかったけれど、あきらめなかった。

がんばっている仲間がいて、

助けてくれる仲間がいて、

見守ってくれる人がいたから。

 

役員からの出し物。

太鼓とエイサー。

子どもたちの、みんなの、目を感じた。

聞いてくれて、ありがとう。

拍手の音。

お母さんだって、がんばるのさ。

 

☆☆★

 

仲間と乾杯して飲んだお酒。

心に広がる達成感と、終わるさみしさ。

こんな気持ち、いつ味わったかな。

とても幸せ。

 

こんな幸せな贈り物が

用意されているなんて。

 

☆☆☆

 

大変だから避けたい、と思うけれど、

ほんの少しでもやってみたい、

と思う気持ちがあれば、やった方がいい。

得られるものが、とてつもなく大きい。

そんなことを、思い知らされた。

 

☆☆☆

 

役員やろう、って声かけてくれた、

あの友達がいたから、

今この気持ちを味わえる。

 

本当に、いつもありがとう。

 

f:id:morina35:20180304234342j:image

オオイヌノフグリが一生懸命咲いていた。

やっぱり、この青い花を見ると、

私はとても元気になる。