おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

言霊

昨日録画していたテレビを夜中見ていた。

「言霊の力が強いと周りから言われる」、

と言っていた声優さんを見た。

初めてその方を知った。

 

その後、若いお相撲さんの

インタビュー記事を読んだ。

「言霊」について話していた。

言霊で夢をつかんだと。

 

前から、言葉は大事にしようと

思っていた。特に、自分の子どもの

「わるぐち」は、ある時、気づかされて、

言わないようにしてきた(つもり)。

「この子はできないから」

「この子はダメだから」とか。

 

そして、自分自身にも。あえて、

そんな謙遜、言う必要もないはずで。

聞いている人は否定する係になるだけだし。

...と思っていたのに、この所、

言葉が乱れている。

 

意味のない謝る回数が増えた。

変な謙遜癖も出てきている。

言いながら、気づいていた。

謝るくらいなら、謝る必要のない

態度で過ごせばいいわけで。

謝まって、許して、はとても甘えている。

あえて、自分が下の位置にいるアピールか。

そもそも謝る必要もない。

挨拶みたいな謝り。ホントに誤り。

言いながら、気づいていた。

 

☆☆☆

 

いきなりだが、私は社長になりたい。

夢は、小さな出版社。

社長、つまり個人事業主

まずはホームページから。

 

社長になったら、いろんなことを

基本的に一人でやるわけだ。

誰かが、決めてくれるわけでも、

やってくれる訳でもない。

 

自分の意志にかかっている。

自分が何をやりたくて、やりたくないのか。

 

そして、緊張するようなことも、

私にとって勇気がいるようなことも、

面倒くさいことも、

いろんな人がいることも、

社長になりたいと思ったら、

全てが勉強になるとも思えるようなった。

おもしろくなった。

 

日々、話す言葉だって、

やっぱりとても大切だ。

 

言葉が自分を作っていくんだね。

 

外は、灰色の雲。

だけど、そっと私の気持ちに寄り添って

くれている気がする。

 

「言葉」を大事にしよう!!

と思った、朝です。