おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

暗がりで見たラナンキュラス

どうしても、あの人に認められたいと思う。

楽しく話している時はいいのだけど、

そっぽ向かれると、しゅんしゅんしゅん...

となってしまう。

なんなんだ、この私の心はー

 

大事なことは何だ?

大事にすることは何だ?

 

 

「怒られる」って思ってる。

多分、怒ってないはずだよ。

 

何におびえているんだろ。

 

そんな日がある。

 

☆☆☆

 

卒園でもらった真っ赤なラナンキュラス

 

だいぶ日がたって、やっと植え替えをした。

 

夕方ぐったりしていて、

花のオデコが地面について、

もうダメ、みたいな感じ。今の私みたい。

 

まずいなあ、って思って、

亀裂の入ったじょうろに水を入れて、

ポタポタしながら、そこに、

ハイポネックス(肥料)を薄めた。

ブルーの水になった。

ポタポタもれながら「もうこっちだよ!」

とか言いながら、娘とかけた。

じょうろ買わなくちゃね。

 

☆☆☆

 

さっき、外から帰ってきた。

夜道に慣れてなくて、

変な人いたらイヤだなあ、って思いながら、

月を見て歩いた。

玄関が見えて、真っ赤なラナンキュラスが、

首を持ち上げていた。

よかったよ。生き返ってるよ。

 

☆☆☆

 

つまらん日もあるし、面白い日もある。

ダメだって日もあるし、最高って日もある。

いろんな日がある。

 

言えることは、ただ一つ。

 

疲れている、ということ。

疲れた夜は起きていても

ろくなことを考えないね。ねっ!

 

まずは寝よう。

それが肥料、栄養剤。

 

そうすれば、

あの真っ赤なラナンキュラスみたいに、

生き返る。

明日の朝に私は、いきかえるーーー!