おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

生茶の広告

f:id:morina35:20180331200026j:plain

f:id:morina35:20180331200112j:plain

初めて、この広告を見たとき、

とてもほっとした。

 

はじめ、読み間違えていた。

“くらい”天気が私は好きです、と。

『え、“くらい”天気好きとか

 言ってくれるの?』と。

 

(「晴れ時々うすぐもり

  くらいの天気が

  私は好きです。」が正しい。)

 

どこに向かう電車だったかな。

たしか、1人で電車に乗っていた時だ。

つり革につかまって、揺られながら、

何度も何度も見上げた。

波瑠さんと薄曇りと言葉と。

波瑠さんの表情がいい。

どんな思いを抱いて、

撮影に挑んだのだろう。

伝わるものがあって、じっと見つめた。

 

私は嬉しかった。

今度、目にしたら、写真を撮ろう、

と決めていて、ちょっと

恥ずかしかったけど、この前撮った!

 

広告。すばらしいな、と思った。

人の心に、そっと寄り添える

この広告って、最高だな、って思った。

元気が出た。

 

目にした人への、思いやりがあって、

商品も、もちろんアピールできて。

 

私は、広告ではないけれど、

そんなものをいつか作ってみたい。

 

思いやりと丁寧さが必要だ。

 

誰かを傷つけることのない、

私の表現が、どうかつくれますように。

つくりたい。