おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

小冊子「Tiramisu郵便」

いつも私は、願望を書いている。

 

***

 

とある知り合いの投稿を読んでいたら、

とある人のことを、

願望を言うでもなく、

気づいたら、

既に始めている、

行動している、

という内容のことを書いていた。

ガツンと来た。

私も知っている人。

気負っている感じもなく(全くせず)、

"普通に"過ごしているように見える。

よくは知らないよ。

 

なんか、いつも願望書いて、

いつになったら、やりたいことを

やるんですか?って自問自答している。

 

私のブログを唯一読んでくれている、

あの行動力の固まりのあの子にも、

呆れられるんじゃないか、

とすら思うこの頃。

(読んでくれて、本当にありがとう)

 

私は、小さい冊子を作りたくて、

それが誰かの心に届いたら良いな、

と思っている。おこがましいだろうか

(烏滸がましい、と書くそうだ!)。

そこはずっと自問自答しなければ。

 

どう作ろうか、と思っていて。

で、午前中ひらめいた!

 

このブログ「Tiramisu郵便」に

書きためた中から、いくつか厳選して

小さい本にする。

小冊子「Tiramisu郵便」。

手書きでベースを作って、

何部かコピーする。

何部にしようかな。10部?20部?かなあ。

 

まずは、あの後輩、

唯一の文通相手に送ることにする。

あの子にも渡す。

あの人にも渡す。

 

そうしてみよ!

作りたくなってきた。

 

***

 

やりたいことを

すぐやれる家にしたい。

あー、そうしたいんだよー。

 

***

 

息子がなんだか怒っている。

 

日常に戻るとします。