おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

ほうじ茶とおにぎり

ほうじ茶がずっと飲みたかった。

 

さっき、スーパーでやっと買えた。

小雨が降る曇り空。

久しぶりで私は落ち着くんだなあ。

 

ほうじ茶って、お茶の中で一番、やさしい。

香りとか味わいが、心をゆるませてくれる。

小さい頃から、一番好きなお茶。

 

ほうじ茶を淹れて、

おにぎりを作って娘と食べた。

 

「あったかーい。おいしい」

 

おかあさんもそう思うよ。

あー、ほっとする。

 

この前、友だちが握ったおにぎりを食べた。

青菜のおにぎり。

小さい子も食べやすいように、

小さく握ったおにぎり。

大きなタッパーにたくさんつめて。

かわいいペーパーナフキンが敷いてあった。

食べて、食べて、どうぞどうぞ、

って差し出してくれた。

 

とても、おいしかった。

 

あのさ、実はさ、とその時、なぜか、

私に、人にはあんまり言わないんだけどさ、

ということを、こっそり教えてくれた。

打ち明けてくれて、嬉しかった。

 

そういえば、その友だちが握った

おにぎりを食べるのは二回目だ。

友だちの優しさが、最高においしくて

忘れられない「おにぎり」の味。

 

☆☆☆

 

ギラギラした世界にちょっといた。

ギラついた感じがしてしまう人の中に

いた。と私が勝手に思っているだけで、

ギラついた人でもなんでもないのかも

しれない。だって、私はその人のこと

何も知らないもの。つまり、私が

ギラついていたのだ。そんな時って、

やっぱり書けなくなるね。私が書きたい

文章が書けなくなる。誰かの目を意識

し過ぎた文章になる。

 

ほうじ茶飲んで、おにぎり食べたら、

やっと書きたい文章が書けた。