おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

変わらないけど新しい

すごくいいものなのに、いつも同じ感じがしてくると、飽きてくる。いいなあ、と思っていたはずなのに。いつの間にか、そのいいものに見慣れてくると、そうゆうものになっていく、という。

 

なんてこったい。

 

・・・

 

私の好きなベーグル屋さんは、ある日突然新メニューが登場する。そのタイミングがいいな、と思う。季節限定メニューはこの日でおしまい、とか。そうゆう変化を持たせるのがうまいなあ、と。それを知らせる、奥さんの温もりのある手書きのボードが良くて。

 

一体、年間を通して何種類あるんだろう。多分50以上あるよね?!新メニュー、どうやって考えているんだろう、って思ってて。聞かずにいられなくなり、聞いてしまいました。そしたら、ご主人のひらめきなんだそうで。

 

全てはひらめき。

 

きっと毎日、これとこれの組み合わせだったらどうなんだろう、とかずーーーっと考えているんでしょうね。自分では考えていないつもりでも。きっと無意識に。それがある日、ふとひらめくんだろうな。ベーグルノートとか、もしあるなら、ほんのちょっと見させて欲しい。

 

・・・

 

何かが急激に変わるわけではなくて、ほんの少し、季節が変わるように、何かが変わる。そうゆう変化を感じられるお店は、やっぱりおもしろくて、行きたくなる。

 

それは、この文章だって、そうで。

 

この前「変化球」という言葉を聞いて、ははあ、と思ったわけです。

 

いつも同じではつまらない。

だけど、急激に、変わるわけではない。

 

大事にしていることは

変わらないけど、新しい。

 

そうゆうのって、大事なんだなあ。

 

・・・

 

あー、そういえば、夕飯マンネリだ。

 

がんばりましょう、母さんズ!!