Tiramisu郵便

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

ばらの花スペシャル&クローバー

ピンクオレンジの大きなバラ、私には

マリリン・モンローのように見える。

色っぽい。艶っぽい。

「うふっ」

ードキッ

f:id:morina35:20180520001843j:plain

 

このバラたちに、

くるりの「ばらの花」は似合わない。

くもりとか雨降りだったら

また違ってくるかな。

「え、何?私たち、今最高に楽しいのよ!」

ーですよね。分かります。

「てーのひらをーたいようにー

 すかしてみれーばー」

f:id:morina35:20180520001746j:plain

 

「あら、見に来てくれたの、ありがとう。

 嬉しいじゃない。ゆっくりしてって。」

ーあ、おばさん、久しぶり。

f:id:morina35:20180520001720j:plain

 

「こんにちは。

 どうぞ、香りも楽しんでって」

ーあ、ありがとうございます。

 本当にいいかほりです。

f:id:morina35:20180520001650j:plain

 

「あなた今日、見に来れて、

 ほんと良かったわね」

「ほんとほんと」「良かったじゃない」

ーホント、そう思います。

f:id:morina35:20180520001626j:plain

 

「さ、胸はって、生きていくのよ。

 がんばんなさい!」

ーはいっ!

f:id:morina35:20180520001909j:plain

この黄色いバラは最後の一輪のようだった。

最後なのに、とてもかっこいい。

空に向かってピシッと生きている。

※以上、ばらさんたちとの

妄想会話の一部でした。

 

「照れない」ことが大事だそうだ。

なので、照れないで書いてみました。

 

オマケのクローバー

 

「よく見つけたね。

 全部が同じだなんて思っちゃいけないよ」

ー勉強になります!

f:id:morina35:20180520001936j:plain

 

「はろー」

ーはろー

虫食いなら器用だな、と思う。

あ、分かりますか?見つけてくださいね。

f:id:morina35:20180520002002j:plain

散歩はなんて楽しいんだー!