おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

同級生からの手紙

手紙はやっぱりいいものだ。

3月にお手紙を頂いた。同級生の憧れの女性から(※同じ年というだけで、私の中では同級生にさせてもらっている)。お手紙のプレゼント企画で、当たったらいいなあと思いながら書いた。常々お礼を伝えたいと思っていたから、当たらなかったとしても思いが伝えられたらいいや、と思って書いた。そしたら、その方の本と一緒にお手紙が届いた。あれ、このことについて、前にも書いたかな(^^ゞ

 

手帳にいつも入れていて、時々読み返す。心があったかくなる。そうそう、私は夢ややりたいことを書いたんだ。夢で終わらせないで一歩すすみはじめて、と書いて下さっていて読む度、背中を押される。

 

彼女は今、日本の女性を励ましていると思う。私たち世代を中心に。その誠実な仕事を通して。ものすごく意志がはっきりしている。何をするべきか分かっている。そんな風に、私には見える。努力の賜物だな。私は今できることを一生懸命やろう。

 

手書きの文字が私を励ます。

 

カレンダーは伴走者だと思っていて、毎年カレンダーを選ぶのを楽しみにしている。選びましたよ。この会社のカレンダーに決めました。前向きにがんばっている彼女のように、私もしっかり前を向きたい。もう来年の話だけど、そんな年にしたいなあ。自分のやりたいことを真面目にやってみたい。子どもたちも家族も自分も大事で。そこのうまいバランスを見つけたい。

 

OURHOMEのEmiさん。

近いうちに会いに行きますからね。

Emiさんは整理収納アドバイザー。

 

このブログも整理したい。

ごちゃごちゃしてるわ。