おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

駅前の赤いポスト

自転車に娘を乗せて四駅先まで挑戦。
行けたー!なーんだ行けるのか。

高架下をひたすら走れば迷うことはない。
坂のないこの町は自転車に優しい。

それで、自転車走らせながら
気づいたことがあって。

駅前に赤いポストがあるんです。
あの駅も、あの駅も、あの駅も。

それが何だか忠犬ハチ公みたいだよ。

あったかいお手紙を入れてくれる人を
ひたすら待っているような。

本当に文通とかしてる人は
少ないのでしょうね。
私もしばらく、さっぱり書けていない...

 

赤いポストがずっと待ってる。

あったかいお手紙をくれる人を。

今にくれる人がいる、と。

信じ続けている。