おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

やる気記念日

『朝の余白で人生を変える』池田千恵 著

という本の背中を見て立ち止まり、手に取りぱらぱらめくり本棚に戻し、うろうろしてまた戻ってぱらぱらめくり、借りて帰った。序章の見出しにこんな言葉がある。

 

「朝、イコール効率的」ではない。

 朝こそぼーっとしよう

 

それを昨日の夜読んで、部屋は散らかっているがさっさと寝てしまおうと9時半に寝た。朝、5時半に目が覚めて6時まで携帯を見て、ブログを書いた。ぼーっとしながらテレビを見る。そして、部屋を片づけた(散らかっているものをまとめた)。夜だと身体が重くて全然片づかないのに、朝だとあっという間に片付いた。私、夜ダメなんだな。子ども寝てからやろうとか、やっぱりダメだったんだ、ともう何回目かの気づき。

 

雨の中、自転車を押して幼稚園に行く。自転車カバーは牛車のようだと思う。私が牛。のろのろ歩く牛。カバーは7000円くらいしたけれど、娘は全然濡れないから、私のようなクルマを運転できない人には本当に助かる。娘が優しいおじさんに牛車から手を振っていた。帰りは、おじさんが私に挨拶してくれた。あのおじさんは本当に感じが良い。地域住民に心の安らぎを与えている。

 

帰ってから、やらなければいけない簡単なことを2つ済ませた。そして、もう一つやらなければいけないことのベースに取り組んだ。できるじゃないか!なんだいい日じゃないか、と思って、今日を「やる気記念日」に制定。ついでに、いつやることにしようかなあ、と思っていた「洗濯槽クリーナーの日」にした。2ヶ月に一回くらいやるといいらしいから、年内の予定をメモして洗濯機の前にメモを貼った。

 

朝活に張り切って取り組んだ時があった。続かなかった。あの時、朝活手帳まで買ったのにな。ムリは続かない。本をパラパラめくろう。いいところを取り入れよう。