おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

しくじったけど、アゲハ

ちょっとしくじった。多分、もう何日かしたら忘れてしまうような、どうでもいいようなちいさいしくじり。親切にしたかった。それが余計なお世話な時がある。二度も拒まれた。いい人でありたい願望みたいなのが、どうしたらこの人に優しくできるかを、私でしゃばってしまう時があって。それは辞めた方がいいんだよ、というお知らせなんだね。きっと、そう教えてくれたんだ。そんなにしなくていいんだよ、って。きっと、今日は大人しくしていなさい、という知らせだ。そんなことを思いながら帰ってきた。サバの塩焼きと白いごはんを食べている。心があちこちに行って、落ち着かせたくて今書いている。これからブルドーザーのように片付ける。午後、息子の友だちが来る。ちゃんと用意しておこう。

 

心が下降しかかって、その時に青虫(アゲハの幼虫)が夏みかんの葉っぱをムシャムシャ食べている様子をふと思い出した。青虫はじっとしているようで、食べている時の一心不乱さはもう見事で。ムシャムシャムシャムシャムシャムシャ(早口で)って感じで、スピード感ある口の動きで、葉っぱをむさぼり食う。そして、おしりからも同時に出てきたりする。なんか本当に一心不乱な感じは悩みとかを吹き飛ばす力があると思う。何というか、我に帰るとでもいうか。何ものにもとらわれない姿というのかなあ。あれは本当に素晴らしかった。青虫もそれはずっとできなくて、休憩が入る。そしてまたムシャムシャが始まる。本当に面白かった。

 

昨日、じっと動かなくなって、念願のさなぎ準備段階に入った。幼虫の皮を脱ぎ捨てていた。幼虫の頭とクシャクシャになった皮が、虫かごに落ちている。さなぎになる時って、アゲハは何かを思うのだろうか。過去のことや未来のことを思ったりするのだろうか。私は過去と未来ばかり思っている。そうそう、今を生きたいと思っているのに。

 

ブルドーザーのように片付ける!!!

&今日はお酒を飲まないぞ。と宣言。

ここに書くと、私は約束を守れる。

読んでくれている人への一方的な約束。

ありがとうございますと一方的に感謝。