おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

女の子たち

木陰は涼しい。

涼しくて気持ちが良い。

桜の木が素晴らしい木陰を作ってくれた。

その下で女の子たちが遊んでる。

 

顔見知りの女の子たちとしゃべる。

話しかけてくれる。

私と年が30以上離れた女の子たち。

4、5、6歳の女の子たち。

子ども。子どもだけど、

ちょっと友だちみたいな気持ちになる。

それがたまらなく、心地よい。

何が心地よいのだろう、

って思ったんだけど、

やっぱり今を生きているからなんじゃ

ないか、って思う。

 

私の頭と心はこんな思いでいっぱいだった。

・・・

私はやはり要領がワルイ。

本当に一緒に何かをやった人は

ご存知のことで。例えば

ゼミが一緒だった親友とか。

一緒に働いた後輩とか。

今、一緒にやってる仲間とか。

 

で、泣く。

 

なかなかこうゆう人いなくて、

カッコ悪い。

 

これが自分で。

だけど、努力してんのか?って思う。

してないんだよ。

してないから、変わらないんだよ。

 

ってこんなことを思ってるから、

死んだ目を今日もしてたと思う。

・・・

だけどさ、子どもたちは

一生懸命話してくれる。

この私に!聞いてほしくて、

一生懸命。

それがね、なんというか

うじうじ考えてる場合じゃないだろ、

「ばーろー」と思えたわけです。

 

何かに逃げたくなったけれど、

小さなステップをふんでやることが

大事なんだろうな!!

やるしかないよ、じぶん!

 

夏休み、子どもたちとたくさん話そう。

ちゃんと目を見てね。

目でおしゃべりするんだ。

そうゆう時間を意識して過ごそう。

そうゆう夏休みにしよう。

 

夏休み始まったなあ。

自分に宿題を出そう。

超楽しんでやろう。

そんなことも思えてきたよ。

 

かわいいかわいい女の子たち、

ありがとう。