おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

来客とお月様

どんどん楽になってきている気がする。来客があっても、疲れない。いや、来る前は相変わらずバッタバタです。今日は洗濯物が3分の1干せなかった、という。

 

とてもいい時間だった。普通に出会ったママだったら話せないことを話した。真面目な話をした。ともに外遊びの活動をしているママだからできた話。人を家に招くのは緊張を伴うのだけど、彼女にはうちに来て話をしない?、と言えた。彼女は不思議な力を持っていると思う。一緒にいると安心する。彼女が一緒にいれば大丈夫だと思える。力をくれる。

 

今朝までやべぇやべぇと思っていた。作りたいチラシが作れなくて。一昨日徹夜までして、でも全然納得いくものが作れなくて、昨晩横になっていて心臓がハカハカした。それで朝まで結局寝た。ちゃんと寝たら、朝これで行こう!とひらめいて心が決まった。彼女が来た。心が掘り起こされるように、それいいね、と思う話ができた。きっと計画書は作れる、と思った。

 

娘が珍しく昼寝をして、チラシを作り上げた。私の納得いくものができた。納得いくものができたら、私は貼りだしたくなる。今、冷蔵庫の扉に貼っている。反応はどうか分からないけれど。自分の納得いくものが出来た時の心の喜びは何とも言えない。

 

何とも言えなくて、チューハイを飲んだ。郵便局の再配達が来た。イッサみたいな雰囲気の配達員さんだった。がんばって!、と思う。芸人さんのような配達員さんもいる。その人はものすごく丁寧。丁寧過ぎる配達員さん。辞めていないといいな。酔いが回って少し目が回っていたけれど、ばれないように印鑑を押した。

 

あー、本当に作れて良かったよ。

仲間の反応はこれからなんですけれど。

自分の中のラインを満たす大切さを

感じます。

 

夜空に三日月が輝く夜。

おつきさまー!

ほんとは飲む予定じゃなかったんだけどな。

おいしいお酒です。

明日は炭酸。