おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

やるせなさとひとつひとつ

やるせない、

という気持ちが充満する時がある。今、そうなりかかっている。合い挽き肉を冷蔵庫から取り出したのに書き始めましたよ。あちゃーです。原因は、散らかっていること。そこにある気がする。気が滅入っていた時期を抜け出し、今、明るい場所にたどり着いた。だけど、ものすごく気が散る。いろんなところに参加したくなる。で、参加している。それはそれでいい、と思う。けれど、帰ってきて、片づいていないものを見てげんなりする。子どもたちにとっても、散らかっている状態はあまり良くない影響を与えていると思う。

 

***

 

この前遊びに来た息子の友だちが片づけの好きな男の子で、息子が散らかしていたおもちゃをそれはきれいにさーーーっと片づけだ。「机もやろうか?」と言ってたけれど、息子は「あー、いいいい」って言ってた。

 

「おれ、お母さんに几帳面だ、って言われる」「幼稚園の時は片づけられなかったけど、お父さんが教えてくれたんだ」「うち、家族全員片づけ得意」「え、片づけないの?」

 

その子は帰ってすぐに宿題をするそう。息子と真逆。私と真逆。今、その子と仲が良いようで。最近よく待ち合わせて遊ぶ。その子は宿題をやってから来る。その子を見てから、あーがんばろ!って思ったのにな。やるせなくなると、缶チューハイを一缶飲みたくなる。けれど!!今日はやめておこう!!

f:id:morina35:20190516161942j:image

前に買った雑誌の表紙。こんな風になりたい。子どもたちがなんだか騒いで、うるさい。2人して「まあ、いいけど」とか「まあ、まあ」言ってる。くっそー、やるせなさに負けそうだ。でも今日は負けるものか。やるせない夕方。ベランダの花に水をやろう。さっさと夕飯食べよう。最悪、って思う時も少し時間がたつとそんな風に思うことなかった、とたいてい思う。

 

ひとつひとつ、やっていこう。

何やら気がものすごく散るけれど。

 

ひとつひとつ。