おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

0.7の悩み

悩みがあった。

レベルとしては、0.7くらいの悩み。

視力がいいのか悪いのかくらいの

ほぼいい、くらいのどっちでもいい悩み。

 

思い切ってママ友に聞いてみる。

 

「人見知りなんだって」という回答。

 

***

 

そもそも0.7の悩みはこんな内容。

 

→私にだけ目を合わせようとしない。

→私にだけ挨拶をしない。

 

"私にだけ"

 

こんなところ。

感じ悪いから、できるかぎり

会わないようにしよう!

という作戦に出た。

他の人にはこの不満については言うまい。

 

そう誓ってから、時間もたたぬうちに

ママ友に聞いた。

 

「慣れるまでちょっと時間かかるみたい。

人見知りのオーラが感じさせるんだと思う」

 

ママ友は私の不満に合わせて、

悪口の方向には行かなかった。

このママ友、すばらしい。

 

「私も感じたことある。

目がね、合いにくいよね」

 

それを聞いて、そうだったのかと思った。

人見知り、か。

 

この前、テレビで若い男の子が人見知り

だと言っていた。あなたとは85メートル

離れている、と(MAX100として)。

ぐいぐい来る人は苦手だと。

 

人見知り、か。

 

***

 

そう相談した翌日。

 

目が合うようにもなって、

挨拶もするようになった。

本当に不思議なものだ。

 

多分、私の不審がっているオーラが

消えたんだと思う。

そうゆうのは、きっといち早く

キャッチする人なんだと思う。

 

相談したママ友が

本当に良かったんだと思う。

 

私は相談しなければ

本当に

ネガティヴ街道まっしぐらだった。

 

変ないじけた人になるところだった。

 

0.7の悩み解消。

 

会えるのが、たのしみだ。