おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

当たり前ってやつ

校長先生が書く文章。

毎月届けられる文章が心に残る時がある。

 

何ヶ月か前のお手紙。

有り難いの反対は何か?

というテーマで書かれた文章で、

それは「当たり前」だ、

当たり前だと思うことだ、

というような内容が書かれていた。

 

コロナのことも騒がれる前に

先生が書かれたもの。

 

とても心に残り、ノートに貼った。

 

***

 

本当に、当たり前だと思っていたものは

実はなんてはかないものなんだ、と思う。

例えばよくあるのが

風邪をひいて健康の有り難みを

知ったりするわけだけど。

 

ただ普通に暮らすことが

どれだけ有り難いことかを

思い出す。

 

電気やガスや水があって、

ただ笑って、不満を時に抱いて、

当たり前に、ただ暮らすということが

どれだけ有り難いことかを知る。

 

この目に見えないものが

どんよりした不安を生んでいて。

 

毎日、放課後遊んでいた息子は

タツに入って出てこないし。

散歩に行こうと言っても、

行きたくないとか言うし。

彼はカメになってしまったな。

タツガメだ。

ま、これもちょっとくらいおもしろいか。

 

***

 

当たり前にある暮らしは

なんて愛おしいものなんでしょうか。

 

花森安治さんの切り抜きを壁に貼っている。

 

戦後まもなく「あたりまえの暮らし」を

たいせつにする世の中にしたいという思い

から、『美しい暮らしの手帖』を創刊

した、と書かれている。

 

花森さんが今いらっしゃったら、

どんなことを思うのだろう。

毎日思う。

 

当たり前ってやつは、

当たり前じゃなくて、

なんて大切なものなんだ。

涙が出るほど、

愛おしいものなんだなあ。

 

暮らしってやつは、

それぞれの暮らしは、

本当にかけがえのない

たいせつなものなんですね。

 

自分の暮らしに胸をはろう。

ほんと。比べるもんじゃない。

 

今号『暮らしの手帖』の

新編集長の言葉がとてもとてもいい。

 

何度も読んでいる。