おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

タンポポ

自慢でしょ、となるか

心に残るなあ、となるか。

 

自慢かあ、と受け取られる場合もあるし、

私もそう受け取る場合もある。

 

その境はどこにあるのか。

 

ある有名な物書きの方が、

誰か有名な方から

「エッセイなんて自慢でしょ」

みたいに書かれ

顔から火が出そうになった、

という話をだいぶ昔に読んだ。

とても心に残っている。

 

 

今日見つけた書きたいことがある。

 

書いてやろう、という気持ちはある。

私にとっては小さな大発見。

ぐだぐだ言ってないで書こう。

娘がごねごねしてきた。

 

この時期の

咲きはじめたばかりのタンポポ

ブローチみたい!

茎がびよーんと伸びてない短いタンポポ

 

タンポポブローチ発見。

 

以上。

 

娘、お待たせ。