おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

知好楽

「ちこうらく」というそうだ。

論語に出てくる言葉なんだそう。たまたまつけたテレビで増田明美さんがこの言葉を紹介していた。(そのことを)知っている人よりも好きな人、好きな人よりも楽しんでいる人の方がうまくいくんですよ、と言っていた。あの辛いマラソンの時は、マラソンを知っているだけだった、と。だからうまくいかなかった、と。テレビを見ながら、辛い時のエピソードにつつーと涙が流れた。

 

そんな時に、ラインが着た。

うっうっと泣いた。

 

それは私もまだ体験したことのない、辛い辛いことだった。どんなに辛いだろう。自分の大切なひとが旅立つ。いつもそこにいて当たり前だと思っていたひとが。


f:id:morina35:20200323093134j:image

 

私はともだちのその大事な方と、一度だけおしゃべりした。背中から鼻歌が聞こえそうなほど、楽しそうだった。植栽を剪定しているだけなのに。また素敵な(ご自分で作られた)ニットを着ていらっしゃった。もうこれは声をかけずにはいられなかった。優しかった。心がほくほくした。ほっこりとかじゃなくて、ほっくほっく。にっこり笑う笑顔も全部しっかり覚えている。今、好きなことを最高に楽しんでいらっしゃった。

 

***

 

なるほど、と思った。

 

あの方は「知好楽」を体現している方なのではないか、と。たった一度しかおしゃべりしなかったけれど、たった一度だってこんなにも心に残って。「楽しみなあ」と言われたわけではないのに、思い出すと『楽しもう』と思うのだから。

 

***

 

ご冥福をお祈りします。


わたしも楽しみますから。

 

わくわくする後ろ姿を

ありがとうございました。

 

ともだちへ。

本当にすてきなお父さん。

連絡くれてありがとう。

またいろいろおしゃべりしよう。

わたしたちのそれぞれの好きなこと、

もっともっと楽しもう。

 

ゆっくりいこう。