おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

期待

何かしてくれるんじゃないか。

 

あの子は、

あの人は、

何かしてくれるんじゃないか。

 

***

 

小さく抱いたそれは

種から出た小さな芽のよう。

その人の心の中で、

ゆっくり育っていく。

いろんなものがかけられて、

育ってしまう。

 

育ち続けるそれは、

ゆっくりのようで、

勝手にぐんぐん育つ。

 

あの子は、何かしてくれる。

 

 

でも

 

 

こちらはもう、何も期待していないんだ。

 

この時点で、もうズレが生まれている。

はじめは気にしない。けれど、

はっきりと感じた違和感。

 

お互いが抱く思いは

すれ違う。

 

 

***

 

自転車で通り過ぎた顔見知りのおばさんに、

マスク越しに「こんにちは」と言った。

おばさんは聞こえなかったのか、

聞きたくなかったのか、

目を合わせることなく通り過ぎた。

いつしか娘のように感じていたのだろう。

ごめん、私は娘じゃない。

母娘関係は実の母だけで、もうじゅうぶん。

この関係が私はあまり得意じゃない。

 

さみしそうに見えたのは気のせいか。

 

これも

引き受けなければならないのだ。

そのさみしそうな思いを、

そうか、と。

 

 

駅に着いたら、

反対のホームに若いカップルがいた。

女の子はフードをかぶって、

ベンチに座り、男の子の隣で

なんとなく力なく座っていた。

女の子の手は

男の子の腕をつかんでいるように見えた。

 

きっと別れ話。

 

いくつも電車を見送って、

二人は結論も何もない

会話にもならない話を

空気を吸って、

さよならするのだろう。

 

***

 

青空だ!

 

親指のイボ治療行ってこよ。

液体窒素でジュッとしてこよう。