おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

覚悟

「これ、公開しちゃえば?」

と言われたことがある(おそらく、そう伝えてくれた彼女は、このブログの1記事しか読んでいないはず。公開って今も公開しているけれど、匿名ではなくという意味で)。

彼女が言いたかったのは〈自分が発信する、ということは大事〉だと言いたかったのだと思う。彼女とはもう連絡も取っていないし、...正直コワいからあんまり関わりたくない、とすら思う。だけど、彼女のことを思い出すたび、心がちくっとする。ウッと、呼吸が浅くなるくらい。それは、やっぱり。彼女には、わたしには無い「強い覚悟」が備わっていたからだ。彼女は、こう生きたい!こう生きる!という覚悟を決めていた。そのことを、思い出すたび、突きつけられる。

 

コワいけれど、かっこいいと思う。

やっぱり彼女はかっこいいんだよなあ。

あの時、彼女は誰よりも真剣だったし

頑張っていた。

頑張っている、なんて言ったら

「は?」って顔されるだろうな。

ムッとした表情で、

「好きだからやっているだけ」と

言うだろう。

 

最近「覚悟」という言葉をよく聞く。わたしの尊敬する女性はよく「覚悟」と言う。「それは、覚悟してやらないと」みたいに言う。あの方は覚悟してやっているわけだ。そうじゃないと、つとまらない役目。

 

ある女性は「声」を聞けば分かる、と話されていた。その人と仕事を一緒にするかどうか決めるのはその人の「声」なんだって。びっくりした。その意味は、おそらく「声」に「覚悟」が備わっているかどうかが分かるというわけだと思う。その女性にとって、「声」は嘘をつかないのだろうな。見抜けるんだ。

 

何を言いたかったんだっけ。

わたしにとっての覚悟を考えたいわけだ。

 

そして、

このブログの編集長は

わたしだ!ともこの頃よく思う。

は?かな。

 

この記事の終着点なし。

 

覚悟旅はじまる!

なんて言わせてもらいたい。