おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

レモンパイ

久しぶりにケーキを買った。ひとりでこっそり買って、ひとりで食べる、という妄想をずっとしていた。子どもたちが学校に行っている間に...。いつかそれをするんだ、と思っていたのだけれど、そのいつかは今日になった。ケーキ屋の前を通ったら「レモンパイ」があって。レモンパイって惹かれるんだよなあ。食べたいなあ、食べたいなあ。どうしようかなあ、そう思って通り過ぎ、また戻ってきた。何でもない日なんだけれど、子どもたちの分とわたしの分のケーキを買う。

 

帰ってきて、メールを見たら今日でこのブログを開設して三年たちました、というメールがきていた。確か5月から始めた、とは思っていたけれど今日だったんだね。三年続いたということは、なにやら嬉しい。書いた言葉を消したい時もあったし(あるし)、書かない時もあるし、ひとの言葉を読んで『あたしゃホントに何書いてるんだろ...』、と思う時もある。でも、できるだけ気持ちに正直に書いてきた。今でも覚えている。このブログを始める時のワクワクする気持ちを。あの気持ちは忘れずにいたいなあ。

 

三年目のレモンパイ。

忘れまい。さわやかだった。