おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

尺度

・Aくん

「この自転車女の子じゃん。なんで?

 男は黒とかだろ。妹が乗るため?」

 

---えー。これもおしゃれなんだよ。

 

「そうゆう色は乗らないよ。なんで?

 それ絶対女の子だよ」

 

---んー...

 

・Bくん

「え?なんで?

 なんで頭の取れたアオスジアゲハ

 虫かごに入ってるの?

 きっもちわりー」

 

---えーっと...

 

息子はがつがつ言い返せない(家ではめっちゃ妹とケンカしてるというのに!)。がつがつ言う子は言う。こてんぱにすっきりするまで言う(ようにわたしには見える)。それは、意地悪とかでは多分ないんだろうなあ。きっと"染み付いた"もので。悪気なく、自分の価値観にないものについて、はっきりと口にするのだろう。息子がその言葉に傷ついているのか、それがよく分からない。何とも思ってないようにも見えるし、本当は思っているのかもしれない。

 

わたしは傷つくたちだった。とても。1日がダメになるくらいのダメージを受けていた。きつい子がとても苦手。とはいえ、わたしだって無意識に人を傷つけてきたんだろうな。

 

「自分の尺度だけでモノを見るな」という言葉を尊敬する女性が言っていた。

それをもう何度目かで、また思い出す。