morina39の日記

こころ動いたこと、について

今日みたもの

※幼虫やカナヘビについて書いてます。

  苦手な方は読まないでくたざいね。

 

朝/①ベランダにて。バジルの葉に蜘蛛の巣のようなもの、黒い点々がいっぱい。これは一体?なんなんだ?よくよく見る。おっと、幼虫じゃないか。ってことはこの黒いのはフンか。さなぎになろうとしているものもいる。ピンセットでひとつずつ、つまみ、カナヘビにあげた。きっとおいしいのだろう。カナヘビにはおいしいかどうか見た瞬間で分かるよう。食いつきが違う。→「バジル 幼虫」と検索。「ベニフキノメイガ」というガの名前が出てくる。『イモムシとケムシ』図鑑を開くが、残念。載ってない。

 

昼/②公園にて。見たこともない鳥の後ろ姿。「ニワトリ!」と息子は言うが、あれはきっとキジだ。はじめて見た。頭のあたりが赤く、尾羽がすっとして、でかい。持っていたカメラで撮ろうとしたが、もたついて羽しか撮れなかった。ちかくの草村に入ってしまう。見応えがあった。また出会えますように。

③ネジリバナが咲いていて、そのそばに子どものバッタがいた。カメラを構えると、長らくモデルをやってくれた。

④公園から見える家のおじさんが、庭にきたアゲハを全力で追い払っていた。なぜだろう?本当にイヤそうで異様な光景に見えた。

⑤スーパーの店先にツバメの巣があって、四羽の雛たちが口をあけて待っている。親鳥がせっせと幼虫みたいなのを持ってくる。大変そうだ。みんなその光景を嬉しそうに、眺めていく。

 

夕/⑥ベランダにて。サヤエンドウの葉がたった二、三日でレース状になってしまった。黒い点々もある。一体なぜ?よーく見る。何かが動いた。ここれは、シャクトリ虫だ!シャクトリ虫を見て、これが完成形(成虫)でしょ?と言った人がいたけれど、これは幼虫なんだって。でも、一体なんになるんだ?『イモムシとケムシ』図鑑を開く。「イチジクキンウワバ」という蛾か?ウワバと名前のつくものがけっこいる。種類が多くて、分からない。プランターには何匹もいるよう。二匹をカナヘビにあげた。(おそらく)喜んで食べた。それにしても、蝶と蛾は扱いが違うものだ。わたしも受け止め方が全然違う。申し訳ない気もする。

 

夜/⑦なるほど、と思う。あのおじさんがアゲハを全力で追い払っていたのは、卵を産まないで欲しいからだったのか。葉っぱが食い尽くされてしまうものね。青虫の食欲はすさまじい。アゲハはここにはイヤなおじさんがいる、と認識できたのだろうか。

⑧隠れ家に入って眠るカナヘビが木の枝で寝ている。暑いからか?昨日、はじめて脱皮しているところを見た。おいしいものをいっぱい食べているから成長しているのだろう。背中からビリビリと皮がむけていた。まだ手の平と尾っぽの途中が脱げ切れていない。

 

様々なことが面白くて、ありがたい。