おはようティラミス

「私をひっぱりあげて」くれる数々のことを、綴ってみることにしました。

ばらの花

昨日、くるりの「ばらの花」を聴いた。

曇り空からのぽつぽつ雨。どんよりデーに聴くのがぴったりだと思う。あったような なかったような思い出や感情が顔を出してくる。何ともいえない気持ちにいつもなる。ぱっと見、かっこいい人やきれいな人も、別にかっこよくもなくきれいでもない。寝起きの顔。くしゃくしゃの髪。ぼーっとしてため息までついている。という、映像が浮かぶ。見てくれは関係なく人間の心だけがそこにある感じ。その心のありようはけっこうみな似ているところがあって。人間だから。人間くささが、人間だからみな似ている感じがする。切なさとか人間の小ささとか。

 

「ばらの花」の心地良さ。ただの心地よさだけじゃないものをいつも連れてくる。今、聴いたらまた別なことを思うのかもしれない。今日はいい天気だものね。カメラ目線のこのバラ。この前は「うっふん」って言ってる気がして、モンローさんと心の中で呼んでたけれど。何か別なことを言っている。うっふん、なんて言ってない。何て言ってるんだろう。やっぱり美しい。

f:id:morina35:20200702155211j:image