morina39の日記

こころ動いたこと、について

美しさ

12/31に買った花を今日も飾っている。

「一瞬も一生も美しく」という資生堂のコピーを何度も思う。スイートピーは枯れていく様も美しいと感じた。しわくちゃになる花びらに鮮やかな色がぎゅっと集約されていく。もうすっかりくたびれているけれど、茶色くなるわけではないんだね。ひとつの花には豆のさやまでできた。

 

f:id:morina35:20210115135933j:image

フリージアはぽっぽっと咲くたびになのか、ふとした瞬間に香る。白いフリージアは、枯れていく時に紫の筋が入る。決して、みな急に茶色くはならないんだなあ。そうか、みんなまだ枯れてはいないんだ。枯れるとは最後の最後なんだろうな。台所のカウンターに置いてある花たちを見る。もうみんなだいぶくたびれている。エネルギーが感じられなくて、いよいよ枯れる時が来たのだろう。じゅうぶん眺めた。最後まで美しかった。

 

美しいとはいいなあ。誰かのためでもなく、見せつけるためでもなく、いいね、と思ってもらうためでもなく、ただただ美しくありたいものだ。自分の心が「よろしい」と思える美しさを持ちたいものだ。